HOMEへ戻る 組織概要 お問い合わせ
雨もりの原因
雨水の浸入はこんな箇所からも!(雨もりの起こりやすい場所の例)
雨もりの原因が必ずしも屋根にあるとは限りません。実際は、思わぬ箇所からの浸水が起因するケースが多く、一見しただけではわからないのです。場所も1カ所とは限りらず、複数の要因が複合的に作用する場合もあります。
窓サッシの取付不良によるもの
窓サッシの製造・組立不良や取付時の施工不良は、雨水や結露水を浸入させ、複雑な経路を辿って雨漏を引き起こします。
経年劣化や施工不良に伴う外壁のひび割れから浸入
鉄筋溶接部の腐蝕による浸入
サッシ裏側の腐蝕による浸入
縦枠を伝わり不枠へ通水
室内へ漏水
FIXガラス廻りの腐蝕によるもの
FIXガラス廻りは結露水の収容量が小さいので、腰壁に流れ落ちた水が腐蝕を引きおこしやすくなります。
結露受けが小さいため結露水の収容量が小さい
額縁に流れ出した結露水がサッシ下の腰壁に流出
額縁に接するモルタル部分が湿潤状態になり強いアルカリ性を帯びる
モルタルと接して傷ついた額縁が接触腐蝕(白サビ)を生じ浸水する
パラペットの欠陥によるもの
パラペット廻りは外的環境の影響を受けやすいので、雨もりの原因となることが多くなっています。
アゴの厚さ不足のため、乾燥収縮や熱伸縮によるクラックが発生し雨水が浸入
モルタル充填不良により、防水層端部が固定されず、剥離やズレ落ちが発生
コンクリートの打継ぎ部の耐性不足からパラペット部が動き、防水層の入隅部を破壊
外壁のひび割れや防水層の不良によるもの
外壁面や取合い部のひび割れは、雨水が直接侵入する要因になります。 この場合でも内部の防水層がしっかり機能していれば問題ないのですが、経年劣化や施工の不具合があると雨もりを引き起こします。 また、屋根下地の防水層も同様です。
検査事例
検査の特長
検査の流れ
ご相談窓口
COPYRIGHT(C) 兵庫県雨漏検査協同組合 ALL RIGHTS RESERVED.